わたしの人生語呂合わせ

OLの穏やかな思考

高い服を買う

ミニマリストをひっそりと目指す者として、衝動買いは最もやってはいけないことと分かっていながら、どうしても自分の経済力を確かめたくなってしまう。というか、ミニマリスト関係なく、これから1ヶ月間のカード消費はボーナスが入った後の支払いとはいえ、…

渋谷区代々木で考えた。人を愛すること

いつもはちゃんと結論を考えてから書き始めるのだけど、最近、何人もに会って色々頭が混乱してるので、今回は粗雑な論で。 最近休みの日に珍しく外に出ているのだけど、まち歩きとおしゃれカフェ探し(あくまで探すだけ)にはまっている。 まち歩きは特にその…

週末の渋谷区と港区、すこし目黒区

週末は渋谷区、港区、あと少し目黒区づいていた。いつも都の西北のさらに西北で暮らしているので珍しいこと。すぐ池袋行っちゃうし。池袋を卒業したい話もどこかで書きます。 まず、金曜日。赤坂にあるマッスルバーに行く。港区赤坂。 マッスルバー赤坂 - マ…

東京と大手町と日本橋…あと銀座

東京は不必要なまでに駅が密集している。特に都心は。少し離れて世田谷区、板橋区、練馬区あたりに行くとそうでもないけど。世田谷区って高級住宅街なイメージあるけど、電車はほぼ東急しかないし、オフィスが集中する東京の東側は遠いし、あまり便利ではな…

ちょっとした苛立ち

ほんとうにちょっとした、苛立ち。 わたしの会社は大手グループなのだが、その本体(親)の新人が受ける研修に参加している。当然、親会社の新人のほうがかなり数が多いので、アウェー感はある。同期や後輩と固まってひっそりと受けている。 そこで、最近彼ら…

【随時更新】好きなことまとめ

ひとりよがりなのか、意外と好きな人がいるのかわからない、地味に好きなことまとめ。わかる、と思ったら心の中でわかる、とつぶやいてください。 思い出した順なので、随時更新、、予定。 探し物が好き。 のっけからあまり共感は得られないかもしれないが、…

下諏訪旅行 2日目

5/17追記:途中で終わっていることに今更ですが気づきました。時間があるとき最後まで書きます。 5/18追記:少し書き足しました。 5/6に書いた記事の続きです。 下諏訪旅行 1日目 - わたしの人生語呂合わせ マスヤは23時に消灯するので、ドミトリーに引っ込ん…

下諏訪旅行 1日目

ゴールデンウィークが終わってしまう。 1日は出勤したので実質3+5連休だったのだが、たったの5日の休みでこんなに人は仕事から心が離れてしまうのか、と驚愕している。 いま、仕事のことが一切考えられない。明日のこの時間はまだ就業中である。6時半におき…

東京がやめられない

無気力なOLなので、休みの日はまずベッドから起きたらえらい、次に眼鏡をかけたらえらい、と一つずつ自分を認めていかないと何もする気になれない。べつにふだんの仕事が死ぬほど忙しくて休日は何もしたくないというわけでもなくて、むしろ仕事が暇だった時…

旅行記を書く気持ちを一瞬で失った

長野県より戻ってまいりました。 一人旅から帰るとき、いつもはやっと帰れる…という気持ちになっていることが多く、一人でいろいろやることにたいていは疲弊しているのですが、今回は帰りたくないと強く思いました。子供の頃、おばあちゃん家から帰りたくな…

長野というインド

昨日ちらっと高速バスが云々と書いたが、今長野県にいる。明日帰るけれど。 長野=インド説をジモコロの徳谷さんが唱えていて、気になったのできてみた。 ※土地によって性格が異なり、まるでインドみたいという意味で。わたしインドは行ったことないのでよく…

なぜセクハラが不愉快か真剣に考えた

隣の国の首脳会談の前までは世間はセクハラでいっぱいだった。連休に入って逃亡犯がつかまって影を潜めたが飲み会のたびに話題が出る。言葉遊びの人と女子大生を買った人とが同時に出たのでさらに話題性があった。 セクハラされていい気分の女なんているわけ…

見向きもしなかった35周年のCM

ディズニーランドが35周年らしい。35年といったら生まれた子供が早ければ課長くらいになっている(うちの会社ならなれる)。1983年。バブルより前じゃないか。 それで最近やっているCM、今日初めて見たのだけど、誕生日のシールを貼った子供が次々と祝われると…

あれ、もう、一人でいるのがそこまで楽しくない。

これまでずっと、一人でいることができる女になりたいし、誰かと交際するにしてもお互い一人で生きられる人がいいとなんども書いてきた。書いたときはほんとうにそう思っていた。ほんとうに一人で過ごす時間が一番好きだった。 しかし、この三連休を過ごし、…

都合のいい女と手際のいい女

この間飲み会で交際相手に求めるものは?と聞かれてわたしより頭が悪く、わたしを面白がってくれて、一人で生きていける(身の回りのことが自分でできる)と答えたらふつうに引かれた。ほんとうに自分のことしか考えていないんだな! このエベレスト並みのプラ…

ちやほやされている女が嫌いなら自分も努力すれば良い

タイトルと内容はそこまで関係ありません。 何度か書いているが職場でそれなりにかわいがられている。2年目で、かつ歳が近い人もいないので、ある意味当たり前かもしれない。そこにわりと甘んじてしまっている自分がいる。若さは死ぬ財産だから急いで使わな…

男の子と二人で出かけるとテンションが下がる

飲み会の帰りに一人反省会をするのはやめたし、最近は体力が落ちて反省会をする前に寝てしまうが、ふだんやらないことをすると帰りに異様に落ち込む。感情が揺れた時に最終的に落ち込むのは癖に近くなってしまっていて、対処しようのないレベルであることは…

年を食ったからって独りに耐えられるわけではない

会社で席替えがあってフロアが変わったのだが、これまで前にも後ろにも席があって眺めが良かった(目線を上げた時にぼーっと周りの人を眺められる感じ)のが、今回壁際になってしまい、部長とその奥の壁しか見えなくなってしまった。さらに奥の壁に扉があって…

絶望するほどデートに向いていない

このわたしが、会社の同期だけれど、男性と二人で出かけるという機会を得た。しかもわざわざ土曜日。お互い平日は時間が読めないという理由で。 ふだんは土日に人に会うなんて、と思っているけれど、思いのほかテンションが上がっていて遠足前日の子どもみた…

JKの頃が一番ブスだった

好きな作家やコラムニストを挙げるとしたら、雨宮まみ、カレー沢先生、アルテイシアさんである。雨宮さんはもう亡くなっているために永久欠番で1位。 アルテイシアさんはいくつか連載を持っていてその中でも熟女の連載が好き。月一で更新頻度が高いわけでは…

女友達の愚痴を聞いて死ぬ

私が穏やかに歳をとり、職場の既婚男性に可愛がられている間に、女友達が男とくっついては別れる。女同士で集まるとそこにいない女とその男遍歴の話にしばしばなるけれど、そこにいない女の彼氏、完全に誰にとっても他人である。赤の他人の話で盛り上がる、…

社会人1年目は小学校1年生と同じだった

私が幼くなったというより、周りが私を見る目が、完全に子どもを見る目だった。 先日、会社の行事でプレゼンがあった。これは新人の1年間の総括としてかなり長い間行なっているもので、トレーナーおよび課長と一緒に半年くらいああでもないこうでもないと言…

童心に帰るというがどこかに大人の心は残っている

先日昔の知り合いとの飲み会があった。会社でも学校でもない人たち、同じバックグラウンドのない人たち。別に飲み会をするたびに反省会をしなくてもいいのに、色々と考えてしまった。 メンバーが基本的にお酒をかなり飲める人たちなので、ワインをボトルでガ…

全方位的にゆとり世代

3月になった。 1年は早い。去年の今頃は就職までの罰ゲームみたいに長い暇つぶしに閉口していたが、そんなことも遠い昔のよう。 就活生の皆様におかれましては日々奔走しているのでしょう。この間は駅に溜まっている就活生の皆様がいらして心臓が飛び出るか…

生きていても概ね死にたいことしかない

また今年も就職活動の季節がやってきた。意識の高い皆様におかれましてはとっくに終わってるという場合もあるのかもしれないが2年前の私はまだ動き出していなかった。特に後悔はないけれど、まあ、早く動いたほうが大手には行ける。 あのときは今が一番不幸…

男とか女とか考えなくていい時代から成長していない

時折連絡してくる女友達がいる。いや、友達というより知人に近い。 大学の時の知り合いで、専修が同じで何度か同じ演習を履修していたので、週に1,2回は会っていた。たまに食事をしたこともある。特別仲良いわけではない、とわたしは思っている。 卒業したい…

年が明けてくれて良かった

2018年を迎えました。年女です。 今年で24歳です。23歳になってから1月しか経っていないのであまり実感はないのですが、とにかく重々しい。24歳という年齢がということよりも、20代がすり減っていく感覚が重々しい。 女たちの市場の中での自分の価値の低さは…

真面目に生きるって損だけど

敬愛するライター、雨宮まみさんの死からそろそろ1年が経つ。 亡くなったのは15日で、私がそれを知ったのが17日だから、本当はどちらかで休みたかったけれど私は16日に半休を取った。 なんの必然的な理由もない半休だ。雨宮さんのことを考えるためだけの休み…

エンタメ性のある女はいらない

電車に乗っているとなぜか神経質になってしまう。 自分が見ているiPhoneの画面が隣から覗かれるのは構わないが、自分の視界に誰かのiPhoneが映ると申し訳ない気持ちになる。見てはいけないものを見てしまったと思う。 満員電車だと誰かの足を踏まないか、と…

就職して半年経った今の私の話

4月にとあるIT企業に入って、半年が過ぎた。 半年が過ぎた、と書いたが、体感はその半分もない。社会人になったら時が経つのが早い、というのはよく聞く話ではあったが、予想以上である。7,8,9月は、存在すら感じなかった。少し前まで暑かったことも、すでに…