わたしの人生語呂合わせ

OLの穏やかな思考

笑いの生みかた

高橋書店の、手帳のCMが、いい。

 

落語家さん(調査不足ですが名前はわからない)が、二人話しているだけのCMだけれど。

酉年、何年か前にも来てなかった?何回かやってない?

というセリフ、やられてしまった。

 

わたしは電車のモニターでみたのでTV等でやっているのかわからないけど、まだみたことない方は是非。YouTubeとかにもあるのかしら。

 

ああいう笑いの生み出しかたが、最も難しいのではないかと思う。

たとえば芸人みたいな、畳み掛けるようなツッコミ、繰り返しのくどさによる面白さ、突拍子もないボケ、みたいなことは訓練すればある程度はできる。それを量産してお金を稼ぐのは並大抵のことではないが、宴会でひと席うつくらいはそこまで難しくない。周りにも芸人的に面白いひとって、ふつうにいるとおもう。

 

だが、落語的面白さ、文脈や常識や慣習や、それを読み取った時にふふっ、と笑いが漏れる面白さ、あれは出てこない。

インスタントに派手なことや馬鹿なことをやり、自虐をする方が楽に笑いをうめるからか、そういった頭を使った面白さに対して貪欲になれていない。

そんなことを反省した。最大多数を笑わせたい。そのためには、自虐、卑屈、下ネタは封印である。

 

べつに芸人が卑しいとか嫌いではなく、とくに好きな芸人はいないがバラエティもたまには観るくらいである。

そこで笑ってしまうと悔しいな、と思う。それ、思いつかなかったな、と。

比べて高橋書店のCMの面白さは、予想外なのだ。そんなところで笑わせて来るとは思わなかった。感心して、あっけにとられてしまう。

 

そんな、わずかな、ズレ。

ズレによる笑い。常識から少しだけズラしていて、でも下品じゃない。

 

そういう笑いを生み出したい、と日々思うのであった。