読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの人生語呂合わせ

延命措置みたいな最後の数ヶ月

自虐の心得

そろそろ新年会シーズンも終わる頃だが、みなさま飲み会でギャグの一つも披露できたであろうか。もてはやされないブスどもは何人を笑わせたかで飲み会での振る舞いを自己採点するといい。少しは慰められる。

 

自虐、卑屈、下ネタは喪女の飲み会における三大武器である。

筋金入りの喪女歴22年数ヶ月の私も、この武器をかなり使っている。なぜなら、相手の話がつまらなくても自分の話だけで笑いを生み出せる、モテない奴特有の異常な自己顕示欲が満たされる自分を犠牲にすることで場が持つことによる陶酔感がたまらない、といった理由があるからだ。つまり、コミュニケーションができない奴のための武器なのだ。

そこで本日は、相手も自分も傷つかない自虐のテクについて考えて書いてみようと思う。

 

大前提として、

自分が言われたくない言葉を使って自分を蔑まない

ということがある。

 

たとえば自分の話で恐縮だが、私は普段頻繁にブスと自称し、自虐芸を披露しているのだが(この時点でコミュニケーション能力と人格に難ありだがなんとか読み進めてほしい)、それは自分がブスであることを受け入れてどうでもいいと思っているからだ

自分がブスだということは自分が一番わかっているので、いまさら周りに何を言われたところでどうでもいい。顔に限らず、容姿に関して何を言われても、ただのn番煎じである。容姿について自分を責めてきたのは一番に自分だから

 

しかし、私はつまらないとか一緒にいて退屈といった言葉が恐怖だ。恐怖だ。幸いいままでそんなに言われたことはないが、言われたら寝込んでもいいくらいだ

なぜなら、私は私の面白さに絶対の自信があるからだ

この文章が面白いかは知らないが私としては面白く書こうと思って書いているし、普段の言葉選びにしても少しでも周りの人に笑ってほしいと思っている。

だからつまらないと言われることはアイデンティティに深く関わる。だからこそ、私は自分のことをつまらないという自虐はしないし、ギャグが滑っても卑屈芸は展開しない、むしろ笑ってもらえるまで卑屈になり続ける。

もちろん周りの人たちは私のアイデンティティがどう形成されているかになど興味はないと思うので、知らぬうちに傷つけられることはないでもない。

ただ、相手につまらない、と言われる(言わせてしまう)きっかけを自分では作らないということである。

 

これは他のことにも言える。これもまた自分の話になってしまうが、学生時代割と不毛な学生団体に入っていた。自分でもクソみたいな団体と繰り返していたが、周りの部外者に同じことを言われると無性に腹が立った。クソみたいではあるが私には大事な活動なんだと思っていた。

しかしこの場合、相手にクソみたいだと言わせるきっかけを私が与えてしまっているので、100%私が悪いのである。相手は悪意なく私の言葉を繰り返したに過ぎない。

 相手が形容している言葉をこっちが使ってはいけないなんてことはない、さらに相手の話が自分にはわからない場合、なおさら相槌としてリピーティングはふつうに使われる会話のテクニックである。

だからこそ、いくら自分でもちょっと不毛だと思ってようが、自分がそれを頑張っているなら不毛だとは言わないが吉である。

 

ちなみに、その学生団体は数年のうちになくなると思うので、いまではクソでもなんでも言ってくれという状態である。もう事実として腐っているので、生き返りようもない。

 

ということで、ここまでの結論としては、

相手に同じ言葉で返されたとして、「お前は俺の二番煎じだ」と思えるような言葉で自虐しよう。自分を傷つけないために。

 

ついでに、面白い卑屈についても少し書いてみようと思う。

卑屈な人というのは、「そんなことないよ〜」と周りが言ってあげないといけないのでとにかく疲れるのだが、卑屈で笑わせるためには例えを使うことが重要である。時事ネタが入っていると尚良い。

例えば、喪女歴22年数ヶ月だということを表現するのに、「箱根で言ったら復路スタートの芦ノ湖あたり、歩いて進むから毎回繰上げスタート」くらいのことを言ってしまうのである。

この例えはあまりにナンセンスすぎていちいち説明が必要な気がするが、要は大手町のキラキラレディの遥か手前にいるということが言いたいのだ。箱根駅伝のゴールって大手町ですよね?

箱根はもう2週間近く前のことになってしまったが、何日か前にこのギャグを繰り出したらそれなりにウケた。良かった。

 

というわけで、例えを使ってたたみ掛けることで相手に反論の隙を与えない卑屈さならば、あまり相手を疲れさせないのではないかという提案だった。

 

まあ、自分の話だけでウケを取ろうとする奴は基本的にキモいので、個性的な友人の話を収集しておく方が楽である。

 

以上です。

 

広告を非表示にする