読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの人生語呂合わせ

延命措置みたいな最後の数ヶ月

許せない誘い方

沖縄旅行に行った。ほとんど全ての煩わしさを忘れた。

旅行は好きじゃなかった。自分が好きなように振る舞えないから。女王にならないから。

でも、相手の自由を尊重することで自分も少しだけわがままを通して、総合的にいつもよりちょっとだけ我慢すれば良いと気づいた。

 

そして東京に帰ってきたら不愉快なことが起こっていた。

先日、卒コンに誘われた。それが、後輩から直接ではないのである。幹事と仲良い同期から連絡が来た。

そのときは都合のいい日を選べという連絡だったし、そこに挙げられている日が厳しそうだったので無視した。すでに他のメンバーが返信していて決着がつきそうだったのもある。

 

その後、日程は多くのメンバーが集まれる日に決まったのだが(決まりましたと言われたわけでもなく勝手にそうなっていた)、日程を決めるときに返信したメンバーだけが参加することになっていた。つまり、あとから都合をどうにかした人の意見は聞いていないのである。最後だから、どうにか行きたい同期もいるだろう、と思う。私はどうでもいいからネットでネタにするけれど。

 

この連絡も同期から来た。私は一度も後輩から直接お誘いされてないのである。

 

直接誘われてねえのに行くわけねえだろ、ボケェ

 

と素直に思ってしまった。

 

私が2年前に幹事をやったときは先輩にライン、メール(当時はギリギリメール社会の名残があった)、しかも大学のと個人アドレス、返信なければハガキを郵送までして、それでも無理なら先輩同士で連絡していただくことにしたのに。

 

と、関係ない昔のことまで思い出した。

というか、ライングループに全員いないのである。引退の時に抜けた人もいるのである。そいつらは来ないとは思うが誘わなくていいのか?と思ってしまう。

 

要はお前ら常識が欠けてるぞ、教えなかったか?

ということなのだが、後輩の無能さは彼らがどのような家庭で育とうと先輩が悪いので、これも卒コンの企画の仕方というマニュアルを残さなかった私が悪い。………ことはないか。ちゃんと書いて残っているはずだ。

 

まあ、細かいことはいい。人を通じて誘うなと言いたい。

 

 

広告を非表示にする