わたしの人生語呂合わせ

OLの穏やかな思考

高い服を買う

ミニマリストをひっそりと目指す者として、衝動買いは最もやってはいけないことと分かっていながら、どうしても自分の経済力を確かめたくなってしまう。というか、ミニマリスト関係なく、これから1ヶ月間のカード消費はボーナスが入った後の支払いとはいえ、衝動買いは正常な判断ができる大人がすることではない。

きょう、珍しく早く帰ることができ、どのお店も開いていることに異様な興奮を覚え、ふだんは行きもしない百貨店の婦人服売り場で、全身ほぼユニクロ(全身12000円)で、1点20000円の服を買った。

この時点で可処分所得の2割が服に消えたことになる。そろそろ給料日だけども。無駄買いを防ぐためゾゾタウンでしか買わないようにしていたのだが、高い服こそ、実物を見ないとわからないのだ。

 

それはスカート風にみえるパンツだったのだが、まず、生地が違う。さらさらしていてなめらかで、着ていてストレスがない。色はあざやかなブルーで、プチプラだとないようなブルー。まあ、そう思い込みたいだけかもしれないけど。

あとでゾゾタウンで買った商品を検索して見たが、ゾゾタウンでは買わなかったかもしれなかった。ゾゾタウンは玉石混交度合いでいくとセシールくらいなので、とにかく1000円から10万円まであらゆる値段の服が売っている。ゾゾタウンはモノの価値を均質化すると思う。写真の撮り方でどこのブランドかわかるものも一部あるけれど、ほとんどの服が同じようなモデルによって同じような角度から撮られる。特に靴が顕著だけれど、2000円のヒールと1万円のヒール、そこまで区別がつかない。

ゾゾタウンの話はまた別に書きたいけれど、最近買ったセットアップが写真映えしすぎて実物はそうでもなく、送料をかけて返品することにした。気に入らないまま買って着なくなっても処分のしようがないので(ユニクロだったら店頭に持っていくけども)、送料と手間をかけてでも、返品するべきと思った。たぶん、いまどきのお姉さんたちはメルカリするんでしょうけども。映える写真撮るのとか、めちゃめんどくさい。

 

そんなわけで、季節感のない分厚いカーディガンを毎日着ているわたしは、突然、VERYとかに載ってる高い服を着る。そのブランドで以前就職を機にジャケットを買ったことがあるが、そのときの店員のお姉さんがいらっしゃった。お姉さん、あれまだ着てますよ。あれを着ると全身3万円になるので、おもしろくて着たり脱いだりしている。会社で。

高い服ってあんまり意味はないと思う。安くても似合ってれば安く見えないし、そもそも他人の目とかどうでも良ければそれでいい話。服って生活必需品でありながら、ある程度を超えると嗜好品だ。20000円の服を買う理由って全然ない。でも、買わない理由もなかった。

 

独身OLには服を買うくらいしか楽しみがない。物欲だけに動かされている。そうじゃなきゃ、毎日わざわざ残業しませんよね、そうでしょう?

この20000円の重みはあとでずっしりと来るのだろう。いまはわたしも稼ぐ人として高い服を買っていいという勝利感(?)でいっぱいになっている。そうやって小さな自尊心を保ちながら、わたしは明日も東京で働く。