わたしの人生語呂合わせ

OLの穏やかな思考

池袋原理主義者をやめたい

街の話をよくする。路線図が好きで、とくにJRの路線図を電車で見ると、乗り過ごしそうになる。メトロの路線図も大好きだ。最近、どこからどこまででいくら、を覚えそうになっている。ナビタイムが不要になるのも近い。都内であれば。

 

山手線って、都内でもかなり珍しい路線で、よく考えたら円形でぐるぐる回ってる路線なんてなかなかないのだ。路線図として面白いのは大江戸線のほうだけど。上野に行ったり、汐留に行ったり、かなり忙しない路線だと思う。光が丘と六本木が1本なのも面白いし。

山手線に思い入れがある人がどれだけいるのか分からないが、みんなそれぞれ山手線の始点があるんじゃないかと思う。いつも使ってる乗り換え駅とか。山手線沿線に住んでる人はそこまで多くないと思うけど、乗り換えなら相当に縁がある人がいるだろう。

そして、わたしにとってその始点はずっと池袋である。池袋を通らないとどこにも行けないところに住んでいるので、言ってしまえば埼京線丸ノ内線も、有楽町線副都心線も、すべての池袋を通るJRとメトロはわたしにとって池袋が始発というか終点というかなのだが、山手線はその円形の構造上、どこから考えるかがかなり大事である。

たとえば新橋と聞くと池袋から最も遠いエリアという印象がある。わたしにとって新宿と田端は池袋からの距離という点でほぼ同じ街だ。東京駅と聞くと新幹線の他にイメージする路線で生活が見えるけども、わたしにとっては丸ノ内線である。山手線より池袋から近いから。

池袋からの距離だけで東京を考えた時に、銀座(丸ノ内線)も、品川(山手線)も、そう変わらないエリアになる。ふたつの街を考える時に、必ず池袋が介在する。それくらい、原理主義者である。

駅でなく路線を考えると、中央線とか、京浜東北線とか、メトロなら銀座線、日比谷線東西線南北線半蔵門線とか、池袋を通らない路線とは縁がない気がする。というより、自分から縁を破壊している。以前錦糸町に通っていた時初めて半蔵門線に乗って、とにかくそのうるささに驚いた。違う電車!と思った。違うも何も、ないですけども。

 

でも、やめたいのです。池袋原理主義者。

 

そもそも、池袋って埼玉から来る人が〜〜とか、まあ埼玉とか、ほぼ悪口しか言われてないし、豊島区全体で見ても、巣鴨!!って感じで、とくに観光資源もない23区の中でも地味なほう。池袋OLって聞いても全然冴えないですし。散らかった1R6.5万円追い焚きなしの部屋で、カップラーメン食べてそう。

生まれた時から東京人なので、恵比寿だの六本木だの品川だのに憧れる気持ちは全然なく、それらの街も池袋と同じテンション同じ格好で行くので、地方出身者の都会に対する憧れとは少し違って、ただ段階を踏んでるんだと思う。上京して初めて勤めた会社が赤坂!とかだったら調子にのるかもしれないが、いちおうこれは地に足のついた池袋ディスなのです。まあ、まじどうでもいいな。

 

と言いつつ、今日も行ったけど。人多すぎてびっくりした。

 

こういう、逃れられない感じ、逃れられない街、誰にでもあるんじゃなかろうか。とくに都会人は。東京23区内って、2時間くらいあれば東西の端の駅はいける気がする。西の端は大泉学園とか成増あたりでしょうか。東は今路線図アプリみたけど新柴又あたりでしょうか。2時間あれば行けますね。だから、板橋区出身者が葛飾区に住んだところで、逃げられないのだと思う。どんなに池袋から逃げようとしたって、東京の東の会社に通ったって。

最近、一人暮らしを強烈にしたくて、どこに住むかを考えているけれど、今の生活をなるべく崩さず、かつ、いまよりも会社に近くなるためには、やはり池袋に住むしかなく、それって大学時代に戻るようで、うーん。東京出身者が都内で一人暮らしすることのメリットのなさに打ちひしがれている。自立しないとやばいという圧力がどこかからかかっているのに。

 

きっと一人暮らしをしたいという欲望の中には、別の欲、たとえば仕事への不満をどうにかしたいとか、女友達との関係がもやもやするとかそういうのが混じってて、綺麗な欲望?じゃないのだと思う。ほんとうにしたかったらべつに池袋でも住みますからね。だから、一人暮らしをする前に、つまり稼ぎが全て可処分所得となっているうちにやりたいことを列挙して、それがぜんぶ終わっても家を出たかったら出よう。マイリミットはあと2年、オリンピックは一人で観られる状況を作りたい。

 

じゃあ何から始めるか、といえば、ていねいな暮らしをしたいというしゃらくさい言葉が最初に出てしまうけれど、とにかく無印良品の収納を揃えるところから始めようと思う。ブランド揃ってるだけでそれっぽいし。良品計画ファストリがなくなったら私の生活は死ぬので、頼みます。