わたしの人生語呂合わせ

OLの穏やかな思考

7月の、というか夏の目標。

急に梅雨が明け、急に毎日30度越え。一方で会社は極寒。それでも、好きな季節がやってきた。

 

f:id:harugangt22:20180701210744j:image

 

清澄白河駅エスカレーター。狭い。追い越しはするなという貼り紙があったけど、どう追い越すんだ。

 

さて、酷暑に向けてというわけでもないけど、ゆるく目標を。(ミニマリストのおふみさんがやってたのが素敵だったから)

 

嫌なことを後回しにしない。

私生活でいえば、この季節なのでアイロンがけ。あと、資格の勉強。どちらも後回しにしがち。まあ、アイロンは真っ昼間より午前中か夜の方が涼しくていいけど、日曜の夜にやりたくない。他にも、靴磨きとか化粧品のスポンジ洗うとか、ごみをまとめるとか、そういうことを土曜のうちに終えておきたい。平日にできれば望ましいが、いまは難しい。

仕事でもそうで、タスクリストに入っていながら後回しにしてしまうことがよくあって、締め切りギリギリになって重い腰をあげる……という展開がしばしばある。社内の仕事ならまだいいけど、お客さんに出るものなら締め切りから逆算しなきゃ。この、締め切りを意識していつまでに何をするか決めることがものすごい苦手である。社会人として致命的。見切り発車することが多い。どうせ考えてもタスクの細分化ができないから見えるところからやっとこう→タスク漏れが後になって指摘されて発覚という流れが多すぎる。ここ2ヶ月くらい怒られっぱなし。そう、怒られっぱなしなのである。

 

マイハックをためておきたい。

上の話に繋がるんだけど、怒られる→反省する→そのときはどうにかする→別の件で同じようなタスク漏れ発覚→怒られる………のルーチンが多い。よくなさすぎる。人を怒るってたぶんエネルギー使うと思うので、周りの人にも迷惑である。まだ致命的に遅れたことはないし、2年目の仕事で完全にやばくなることはないけど、むしろそのうちに、かっこよくいえば仕事術てきなものをためておきたい。ハックとか書いたけど、簡単に言えば社会人の基礎をいい加減身につけたいという当たり前の話です。

何年か経てばそれなりにましになるのかもしれないが、こういうことって少しでも頭に置いておかないと毎日はなんとなく過ぎてしまう。なんとなく夏になってしまった。こわい。すぐアラサーだ。アラサーがこわいというより、アラサーまでの時間の流れをたどれなかったらこわい。毎日もっと意識を持って生きないと、すぐ死ぬし、すぐ仕事が嫌になりそう。意識の低さは伝播するので。みんなが嫌嫌でもそれなりの意識持ってないと、どこかで大きな見落としが起こりうる。

 

インプット時間を減らしたい。

ここにもなんども書いてるようにwebメディアが大好きなので、日課として毎日好きなサイトを巡っている。カレー沢先生の連載は毎日どこかで更新されるので昼休みの唯一の楽しみはカレー沢語録を眺めることである。孤独なサラリーマン。

しかし、デイリーポータルZのような巨大なおもしろサイトはいつまでも眺めることができてしまう。つくづく凄まじいサイトだと思う。ペリー来航のパワーポイントとかがかなり有名だけど、もっとマニア向けというかニッチな記事もかなり面白い。だからこそ、やめるタイミングが見つからなくてTODOを後回しにしてしまう原因にもなっている。中学生か。ほんとうに、わたしが中高生の時にスマートフォンがなくてよかった。スマートフォンが普及してなかったからわたしは大学に受かった。ほんとありがとう。?

ということで、要はスマホ持ってる時間を減らしたいと思う。せっかくなのでブログ書く時間にでもあてたい。

 

IT技術の勉強をする。

これは業界の話になるが…………入社してすぐの研修以降、ほとんど技術の勉強をしていない。おそろしいことに、技術力がなくても仕事がなんとかなってしまう。おそろしい…………!

だが、再三上司からこれもまた怒られており、そろそろごまかせなくもなってきたので、まずは1年ちょっと前の研修の内容の振り返りから始めようと思っている。もうたぶん、OSI参照モデルの階層の名前すら出てこない。アプリケーション、セッション、………?ちなみにこれは、IT業界人なら誰でも当たり前に覚えているレベルの知識です。

どこまでわかってればいいかがいまいち見えていないが、とりあえず、応用情報技術者(5年目くらいまでのIT業界人が受ける資格試験)受かればいいのかな。でも資格の勉強って実社会では生きないですよね。資格に受かるためにしか勉強しないし。TOEIC900点とかいうと驚かれるけど、そんな複雑な話じゃなくて、TOEICの対策だけしてればいいので。総合てきな英語力とか会話力みたいなものとは関係ない。国語ができても情緒豊かで伝える力があるわけではないでしょう。

話が逸れてしまうくらい目標設定が難しいが、まずはお客さんに対して迷いなく話せるくらいに。

 

可処分所得を一定に。

これは周りを見て気づいたんだが、大学時代より稼ぎが増えたからか金遣い狂いとでも表現すべき状態の友人が増えた。もともと周りはオタクばっかりで、大学入ったときも遠征の解禁による浪費家は増えたが、今回は桁がその比でない。お金を使うことが目的なんじゃないかというくらいで、なんなら趣味が増えている。前から好きだったものへの出費は減らないままだから、毎月たいへんなんだろうなと思う。

これから順当に働いていたら稼ぎは増えると思いたいが、増えることによって生活レベルが上がりすぎることは避けたい。ブランドじゃないと持たないとか、デパコスしか買わないとか、限定品に走るとかそういうことはやめたい。ものすごくアドレナリンが出て楽しいんだろうとは想像がつくけど、家に物が増えるストレスのほうがずっと大きいし、もう使わなくなったとしてもそういうものって捨てるに捨てられないから好きじゃないものと暮らすという最悪の事態起こりがち。

わたしも物欲の魔物みたいな家系に生まれているのでそれなりに欲しがるほうだが、収納を減らしたら全然物が欲しくなくなったので、おすすめしたい。買う前にどこにしまうかを考えると、全く欲しくなくなる。しまうところがないので。

 

今後も所得が増えたらその分は貯蓄かまたは家に入れるようにして、なるべく昼食代以外は使わない方針にしたい。あと、各所セールが始まったのでもう服は買わない。セールで買ったっていうのは捨てる理由になりがちなんですよね。じゃあ最初から買うな。

 

上にも書いたように最近仕事で怒られすぎて、それって仕事だけの話じゃなくて私生活に対する姿勢も悪いんじゃないかと思ってつらつらと書いてみた。ようはわたしの性格みたいなものが仕事に現れすぎなのだ。仕事に必要なせいかくは正確性だけ。まずは、誰がやってもできるレベルのことが、ちゃんとできないと、どこに行ってもだめだなあ、と毎日反省中。もっとポジティブな気持ちで目標書いた方がいいんでしょうけど。